2024年3月


笑い   中澤紀子(ナカザワ・ノリコ)

  

「あ!」

 姉が叫んだ。

 お味噌汁の鍋を持ったままつまずいたのだ。

 丁度母が、父のご飯をよそろうとした時だ。

 味噌汁は見事に炊きたてのお釜に、がぼっと。

 すかさず父の「ばか! 何してる」と怒鳴り声。母はびっくり。姉は困った顔。弟ふたりと私はポカン。

 周りを見ると、お味噌汁は釜の中以外どこにもこぼれておらず、母はぱっと持っていた杓子と茶碗を引っ込めたのか、やけどもしていない。

 

 小学校高学年だった私は、この時、突然笑いがこみ上げおさえることができなかった。

 弟たちも笑いだし、母も笑いだし、姉も笑いだした。

 今思うと熱い味噌汁が、誰にもかからなかった安堵だったかもしれない。父だけが苦虫を噛みつぶしたような顔をしていたが……。

 

 あの時の笑いをふっと思い出すことがある。

 あの時、弟や私が笑い出さなかったら……、父は姉をせめて怒鳴り、姉は泣き出し、母は仲裁に入り、私たちはオロオロ。

 

 あの時の笑いは、なんだったのだろうと思う。

 誰もけがをしなかったことへの安堵。それもあるが、それだけではない。一瞬にして、温かいご飯がオジヤになってしまったことへのおかしさだったのだろうか。

 

 あの時の笑いは、その後の私の人生に大きく影響を与えた気がする。

 他人にも、こども達にも、自分にも、失敗をなじることなく笑いにもっていく余裕が芽生えた気がする。

 

 

*****

〈山本ふみこからひとこと〉

「よそろう」ということばがおもしろく感じられ、広辞苑にあたりました。

 まず「よそう」を探しました。

 漢字は「装」を用いるのですね。
 飲食物を整え、用意する。転じて飲食物をすくって器に盛る、をあらわしているのでした。……初めて知りました。

「よそろう」は、わたしの持っている辞書にはみつけられませんでしたが、中澤紀子さんの故郷の長野県東部の佐久市のことばかもしれません。

 

 それにしても、気持ちのいい随筆です。

 励まされる思いがしました。

 笑いというのが、どれほど大事なものであるかを、さりげなくおしえていただいたのです。

 

「中澤紀子」という作家には、困難を背負う時代もあったし、いまでも、思いがけない役割にこころを尽くす機会のめぐってくることも少なくない……。箏の奏者であり、若きひとたち、子どもたちへの指南役でもある日常にも、苦心はいっぱい。

 けれど、いつもやさしく微笑んでおられます。

 あやかりたいと思います。  ふ


2024年2月


アフリカのカゴ   日日さらこ(ニチニチ・サラコ)

 

 ぶらりと立ち寄った百貨店の地下の催しコーナーで、カゴと目があった。

 アフリカ雑貨の店が出店しているようだ。こうなると素通りできない。ヤシ繊維で編まれたカゴバッグ。ナス紺とベージュの色合いに魅かれ、気づくとレジに並んでいた。店主と思われる女性が、

「家に帰られたら、一度水にザブッとつけて水通しして、その後しっかり乾かしてから使ってください。形が整いますので」

 と、言う。

 家に帰ってその通りにした。大きなタライなどないから、お風呂の残り湯にザブッと。すると一瞬で、風呂の水が、紫になった。まるで絵の具を溶いたみたいに。えっ。あわててカゴを引き上げ、風呂の水を抜くも、浴槽が紫に染まっていた。カゴを外に干し、浴槽を洗う。が、取れない。風呂用洗剤、衣料用洗剤、電解水、除光液、酸素系漂白剤等、家にあるものを片っ端から試したが、少し薄くはなったものの、取れない。

 困り果てて、買い求めた店に電話する。事情を説明すると、その催しコーナーを統括する百貨店の社員と思われる方が言った。

「今から、すぐそちらに店の者を伺わせ、掃除させますのでご住所を」

「いえいえ、そんなつもりで電話したのではなく、何を使えば落ちるのかを教えてほしいのですが」

 と、断っても頑として譲らない。

 今後の参考にしたいので、と言われたら断れなくなり、結局来ることになった。今度は慌てて家の中を片付ける。なんでこんなめんどうなことになったのだろう。

 歩いて10分の距離だから、片付くひまもなく、先ほどの店主が掃除道具でいっぱいのバケツを抱えてやってきた。

 ズボンの裾をまくり上げ、袖もまくり上げ、やる気充分の店主に「ゆっくりしていてください」と、言われても、落ち着かず、片付けの続きをやりながら待っていると、やっと声がかかる。

 浴槽はすっかり白に戻っていた。塩素系漂白剤が決めてだったという。思わぬ手数をかけてと頭を下げると、いやいやご迷惑おかけしましたとさらに深く頭を下げながら帰っていった。やれやれと洗面所に戻ると、わたしが気を利かしたつもりでハンガーにかけた店主のデニムジャケットがそこにぶらさがっていた。

 

 という珍事の顛末を会う友達ごとに聞いて聞いてと話したら、さまざまな反応が返ってきた。

「それは商品として未完成ね。即、返品よ」

「よくこのご時勢で、家の中に赤の他人を入れたわね。わたしなら絶対いや」

「その残り湯は、水ではなくもっと温度が高かったから、より色が抜けちゃったのでは」

「持って歩くと、洋服に色移りしちゃうよ。ジャガイモでも入れておくしかないね」

「お詫びの品、たくさんもらったのね。元は取ったじゃない」

(実はお詫びにと、アフリカの珈琲、紅茶、ドライフルーツ、スパイスを渡されたのだ)。  

 それぞれ、そうか。なるほどと思いつつもストンと腑に落ちない。わたしは使いたいのだ。カゴバッグとして持って歩きたい。なんとか色止めできないか試してみよう。

 ところで、デニムジャケット。次の日で催事は終了だったので、その日のうちにと思い、夜届けに行きました。わたしと目があった店主の顔にはこう書いてありました。

「今度はなに」

 

*****

〈山本ふみこからひとこと〉

 わくわくしますね。

 どんなカゴだろう + お風呂の残り湯にザブッと + 「ハンガーにかけた店主のデニムジャケット」 + お詫びの品品 + 「今度はなに」。

 

 ところどころ笑いました。

 共感しながら、くくくくく、と。

 

 先輩たちはよく云ったものです。

 読み手を泣かせるのは比較的たやすい、と。

 そんなこと云ってみたいなあと口をとがらせながらも、一方、「ちょっとわかる」と思うのでした。

 けれど笑わせるのは、むずかしい……、ほんとうにむずかしいです。

 くすっと笑ってもらえたなら、と希ったところで、どうしたらかなうのでしょうね。

 

 ひとつ云えることは、機嫌よく書く必要はあるだろうと思います。うまいなあ、読ませるなあと感心する文章でも、それがにこりともしていないとき、ぞっとすることがあります。

 読み手は、書き手の機嫌、書いているときの表情に、驚くほど敏感です。

「日日さらこ」という作家は、おもしろがりだし、「アフリカのカゴ」を書くとき、少し照れながら笑っていると思われます。

 ええい、「風呂の残り湯にザブッ」のはなしも書いてしまおう、とね。

 

 ところで、色止めのことだけれど、新しいスニーカーや、登山用品に吹きつける防水スプレーを使ったらどうでしょうね。  ふ


100字エッセイ祭り

 

 会員の皆さんの「100字エッセイ」傑作選です。

 通常の作品発表は、作家に前もってお知らせし、文字データをいただいて準備しますが、「100字エッセイ」はお断りせずここに発表します。どうぞおたのしみに。

「100字エッセイ」は書き手をいろいろな意味で鍛え、脳もこころもやわらかくしてくれます。どうかそれを信じてとり組んでくださいまし。 山本ふみこ

 

 

*****

日日さらこ(ニチニチ・サラコ)

 

「冷やしシャンプー始めました」通りがかった美容室の貼り紙に目がとまる。冷やしシャンプー?シャンプーを凍らせてジャリジャリ?氷水で洗う?わたしも何か冷やしを始めてみたい。カステラを冷凍庫に入れてみた。(99 字)

 

 

新幹線の車内販売が終了するという。特に思い出はないが、最後ならと夫と一緒にコーヒーを頼む。新聞を読みながらの夫がコーヒーを勢いよくこぼした。白いズボンが茶色に染まる。思わぬ忘れられない思い出となった。(100字)

 

 

*****

高木佳世子(タカギ・カヨコ)

 

中央線で都内へむかう。いつもは座れる立川で席があかなかった。つり革につかまっていると、思いの外視界が広い。この山の稜線の先は確か……と少し左に視線をうつしたら、やっぱりあった、富士山。「行ってきます」(100字)

 

 

「あれ、おばさん」どんど焼きの会場でおもちを配っていたら、地元の小学生に声をかけられた。「あのとき本を……」コロナの間も細々と通っていた読み聞かせ。「内容を忘れても、声はおぼえているよ」は本当だった。(100字)

 

 

*****

かよ(カヨ)

 

パントマイムのショーを見る。クラウンは一言も話さない。失敗をくり返す。観客はクラウンの表情や動作をみて、想像する。そして、笑い、応援する。お互いに応答しあっている。ショーはコミュニケーションなんだ。(99字)

 

※クラウン=道化師。ピエロ。

 

 

*****

いしいしげこ(イシイ・シゲコ)

 

暖かい日が続き、早めに大掃除。カーテンも窓ガラスもすっきり。おせち料理は好きなものを用意する。ところがお供えのゆずり葉とうらじろが売ってなく……。プラスチック入りの小さなお供え餅を半紙の上に置く。(98字)

 

 

*****

岩本則子(イワモト・ノリコ)

 

娘が7つのとき、電車の中でぐずるのを私が叱っていたら、前の席に坐っていたおじいさんが言う。「まあそんなにあせりなさんな。子どもは「ツ」がついているうちは子どもなんはヨ」7ツ8ツ9ツ。……なるほど。(98字)

 

 

*****

車屋王和(クルマヤ・ミコト)

 

自転車に乗っている私の横を、爽やかな青年が風のように走り抜けた。引き締まった身体に、よく似合うトレーニングウェア。白地にオレンジ色のラインの入った真新しいスニーカーが眩しかった。一瞬17歳の乙女に。(99字)

 

 

*****

夛田精子(タダ・セイコ)

 

本棚からときどき、1冊の図版を取り出す。きょうも久しぶりに見た。みちのくの仏たち。素朴だけれど力強い表情にみとれる。以前、塩尻宿で見た「抱き仏」を思い出す。仏さまは、私が想う以上に身近だったんだ。(98字)

 

 

お米の美味しさに心づく。何を今更……なのだが、とりあえずごはんがあれば何とでも。思い出すのは父のつくってくれた「ポンポンごはん」。炊きたてを茶碗によそって塩をパラパラ、ポンポン上げて丸くして食べる。(99字)

 

 

*****

みつおのぶこ

 

夫は、私の誕生日にはいつも花を買って帰ってきた。最後のプレゼントは、病床から注文したバッグと財布だった。私の好きな黄色の。枯れてしまう物でなくてよかった。それらはいつも傍にいて、気遣ってくれている。(98字)

 

 

*****

由岐谷クオリ(ユキタニ・クオリ)

 

 

家に帰ると、洗濯物の山が待っていた。鼻歌をうたいながら、どんどん洗濯機に放り込む。洗いあがりを待つ間、てのひらをじっと見る。わたしの右手は知能線が人より長いらしい。考え込む質だけど、無鉄砲でもある。(99字)

 

 

*****

中澤紀子(ナカザワ・ノリコ)

 

箏の弦をはじく。大きな音からだんだん小さくなっていく音の響き。この音色に初めて気がついたのはいつだったか。これを小学4年生の子どもたちに知ってほしい。その音色を知ることによって、強くなれる気がする。(99字)

 


うちの母は  木村 ゆい(キムラ ユイ)

 

 2~3か月に一度、母の受診のために車を出している。

 病院までは片道1時間半。行きと帰りで3時間を車中で過ごす。

 母はおしゃべりが好きなたちで、こちらが黙っていても何かしら話題を提供してくれる。

 先日の話題は、自作の俳句のことだった。

 手帳を開いて読み上げる。

 

 水の星 怒り悲しみ 沸騰す

 

 季語は? と聞いたら、無くてもいいのよ、と言われた。

 尊敬する先輩にとても褒められたと喜んでいる。

「何だかふっと作れたのよね。どう? わかる? 何が言いたいか。」

 助手席からプレッシャーをかけてくる。

「え、その水の星ってのは地球のことでしょ? 地球が怒って悲しんでいるってことでしょ?」

「なに言ってんのよ。そうだけど、そういう簡単なことじゃないのよ。」

「あ、そう。」

 

 運転をしながら、へーという気持ちになる。

 お母さんって、割と穏やかというか、いつでも自分の楽しみで頭をいっぱいにしているタイプのように思っていたけれども、俳句を詠むとなると何だかちょっと過激な感じだな。

 人って何年付き合ってても意外な一面があるものだな。

 わたしが抱いている母のイメージと母が抱いているセルフイメージにはいつでも解離があるように感じているが、文字に起こされるとさらにその距離が広がるようだった。

 実家に送り届けたあと、家でぼんやりしていたら母からメールが届いた。

 例の俳句を先輩が額装して届けてくれたらしく、その写真まで添付されている。

「母の詠んだ句です。理解していただけると幸いです。」

 一晩おいて、返信した。

「わたしも作ってみました。

 

 俳句見せ 褒めろとねだる 母に〇」

 

 〇は赤丸にしようと思う。

                          

 2023年10月30日

 

*****

〈山本ふみこからひとこと〉

 いつしかゆいさんのお母さんになっていました。

「季語はともかくさ、深遠なテーマでしょ? ね、ね?」

 なんてつぶやいていたのです。

 

  人って何年付き合ってても意外な一面があるものだな。

 
 ほんとうにそう。

 身近なひともそうだし、自分自身だって……。

 そんな発見を、こんな感じにやわらかく書かれると読者は、ぐっときます。けれど、エッセイ・随筆に慣れていないと、「何年つき合っていても、ひとには意外な一面があるものです」との結論だけが立つ、研究発表みたいな文章になったりします。

 エッセイ・随筆の場合、ある場面を通して、心情を伝えると効果的です。それには、やはり腕前が必要になります。腕前を支えるセンスを磨きましょう。 ふ


使い途    よもぎ茜(ヨモギ・アカネ)

 

 この日は特に暑かった。都内で展覧会を見に行った帰り、いつもなら最寄り駅から自転車でまっすぐ帰宅するのだが、のどがカラカラだった。そこでファストフードに寄り、冷たい飲み物を1杯飲んで帰った。

 家に着き、まっ先にエアコンを入れて荷物を見ると、持って出かけたサブバッグが見あたらない。自転車のカゴにもない。ファストフード店に、うっかり忘れたのかもしれない。お店に問い合わせるとサブバッグはお店にあり、保管してくれていた。

 すぐにまたお店まで、自転車でサブバッグを取りに行った。のどを潤すためにアイスコーヒーを一杯飲んだことで、また大汗をかいてしまった。

 再度家に着くと、エアコンを入れておいたおかげで部屋は涼しく快適だった。サブバッグの中を改めて確認する。空っぽの水筒、文庫本、買った残暑見舞いのカード。ほかに見覚えのない、三つ折りにしたA4サイズの入る茶色い、厚さ1センチほどの封筒が入っていた。

 何も書かれず、封もされていない茶封筒をのぞくと、帯のついた新券の一万円札が一冊。つまり100万円が入っていた。

「あれ? 私、今日、100万円引き出したっけ?」

 そんな訳はなない。

 だいたい今どき、現金100万円って何に使うだろう。娘が大学生のとき、当時1年間の学費が100万円だったかな? ほかに大きな金額となると……、ええと。車の購入や、家の修繕があったとしてもすべて銀行振込で、現金を引き出すことは久しくなかった。

 

 もし、この100万円が私のもので、自分のためにチビチビではなく、パッ!と使ってよいとしたら、何に使おう。

 

 案1 自分の持っている服をすべて処分して、本当に必要で、ときめきの服を買う。

 案2 下がってきた瞼を上げる美容整形をする。

 案3 友人とハワイに行って、現地でフラのレッスンを受ける。

 

 夢はふくらみ、100万円では足りなくなりそうだ。

 

 記録的に暑かった今年の晩夏、出先でサブバッグを忘れたのは事実。

 100万円入りの封筒は私の妄想です。

 外出するのも一苦労の猛暑ですから、涼しい部屋に帰ってから、はなしをつくってみました。

 

 窓の外は、まだまだ太陽が元気で明るいですが、そろそろ夕食の支度をしなければ。気持ちはいっぱい。されど、おなかペコペコです。

 

*****

〈山本ふみこからひとこと〉

 ドキドキしました。

 ……皆さんも、100万円、何に使うだろう、と妄想されたのではないでしょうか。

 おもしろく、巧みな展開でした。

 100万円入りの封筒は妄想だった、と打ち明けたあと、そこまでの「である調」を、「です・ます調」に転換されましたね。こういう使い分けは、おすすめです。

 学生時代、ひとつの文章のなかで「である調」「です・ます調」は統一しましょう、と教わりました。たしかに、ごちゃ混ぜになっていると、うるさく感じられます。散らかっているといいましょうか、ね。

 でも、どこか際立たせたい、というとき、1行だけ異なる文末表現にしたり、ある部分から転調したりするのは、おもしろいのではないでしょうか。

 

 それから。

 いつも「である調」で書いているあなたさまには、「です・ます」調で、いつも「です・ます調」で書いているあなたさまには、「である調」で書いてみることをおすすめします。

 どちらも、それぞれ異なる雰囲気を持っています。

 試してみていただきたいと思います。  ふ


2024年1月


小学校理科室の先生だった父  リウ 真紀子(リウ・マキコ)

 

 父は私たち子どものために、ブリキと金網でできた大ぶりな飼育箱を用意していた。灰色に塗られた箱。そこに何匹もの小さな芋虫を入れ、成長を見せてくれたのだ。

 小さな借家住まいで六畳と三畳の和室があるだけだったのに、その飼育容器は子どもの目にとても大きく、不釣り合いに思えた。父の気合いがこもっているようでちょっと怖かったほどだ。私が小学1年生の、春か秋のことだ。

 金網の中では5、6匹もの芋虫が黙々と草の葉を食みつづけ、だんだんと体色が変化し緑色に黒い模様が入り、ふっくらした姿に変わっていった。それを怖がることもなくじっと見ていたことを思い出す。やがて枝にとまった芋虫たちは動かなくなった。

 サナギになったのだよ、と父に教わったことが思い出される。それぞれがむずむずと動き出し、羽化し、ひらひらと舞うアゲハになった。そうっと、羽をたたんだ状態のアゲハを持たせてもらったこと、手に粉が残ったこと、その粉はリンプンという名前のものだということ。息をのむようにしてじっと見ていた自分が、半世紀を経てすっかり別人のようになった私の中に今もいる。

 まるで羽化し損なったサナギのように、子ども時代の自分がいることを、へその奥あたりに感じる。あの時そばにいたはずの母や妹、弟の気配はすっかり消えてしまったのは、父と自分だけの空間に包まれていたからだろうか。室内を飛び交っていたアゲハたちを、父はやがて窓を開け放ち外に出したのだった。

いつからだろうか。鱗粉が指につくことが、自分にはどうにも受け入れられなくなり、ひらひら舞う蝶から鱗粉が落ちてくるような気さえして、蝶を遠ざけるようになった。モッサリとした様子の蛾はなおさらのこと、逃げ出したくなるほど怖がるようになってしまった。虫を嫌がってキャアという女の子といった場所に自分から入り込んだ。つまらないな。

 祖母は小形の蝶をハブラックァと呼び、亡くなった親しい人の魂が形を変えて訪ねてくるのだと教えてくれた。遠ざけていた蝶ともう一度親しくなろうと思う。父もあちらの世界に行ってからもう13年、ハブラックァとなって軽やかにやってくるこどもあるだろうか。

 

*****

〈山本ふみこからひとこと〉

「ハブラックァ」

 と呼ぶのか……、素敵です。

 わたしのところにやってきてくれる親しいひとの魂はね、いつもハエの姿をしています。

 これからは、そんなハエを「ハブラックァ」と呼ぶことにしましょう。

 

 くり返し読むうち、わたしも父のことを思いだしたり、カマキリやコオロギ、とかげたちと友だちだった子ども時代のことをぼんやり考えたりしました。

 読書が生、共有の感覚です。

 こういうとき、書き手に向かってお礼を云いたくなります。

 リウ 真紀子さん、どうもありがとうございます。

 

 真紀子さんは、お父さま譲りの観察屋、おもしろがりですね。  ふ 


サバの味噌煮   高山美年子(タカヤマ・ミネコ)

 

 一人暮らしの姉が骨折をした。普段はヘルパーさんのお世話になっているのだが、お金を引き出したいので、頼めないかと連絡がきた。急いでむかった。

近くのATMでお金を引き出す。次にスーパーマーケットに寄り、買い物リストを見ながら頼まれた食品をかごに入れる。好物の寿司も書いてある。なれないスーパーマーケットでの買い物には手間取ったが、リストの品を探すのは結構楽しかった。

 お寿司をおいしそうに食べはじめる姉を横目に、買ってきた食品を冷蔵庫にしまう。

「サバはどうするの」

「みそ煮が食べたい」

 と言うので、サバの味噌煮を作ることにした。

 野菜室のすみにあった、元気のない生姜を千切りにした。しゃきしゃきしていないが、できるだけ細く切った。味噌はある。砂糖も酒もみりんもある。いざ、調理開始。

 まず、サバをフライパンで両面焼く。少し焦げ目がついたら、合わせておいた調味料を入れる。つづいて、千切り生姜をドバっと投入してひと煮立ちさせ、落し蓋をしてしばし待つ。蓋を取ってサバと生姜に汁を絡め、火を止める。出来上がり。

「食べる時、もう一度温めてね」

 と伝えて、家路を急いだ。

「もしもし、あのサバの味噌煮美味しかった」

 姉から電話でお礼を言われた。それから、会う度に何度も言われた(あれはお父さん直伝のサバの味噌煮なのですよ)。

 

 父が我が家に遊びに来た時、サバの味噌煮が食べたいと言った。自信のなかった私に、作り方を教えてくれた。焼いてから煮る。私はそれからずっと焼きサバの味噌煮を作っている。おふくろの味ではなく、親父の味である。

 父は美味しいと言ってくれた。姉も美味しいと言ってくれた。天下一品のサバの味噌煮かどうかはわからないが、笑顔がこぼれる味であると、勝手に思っている。

 

*****

〈山本ふみこからひとこと〉

 美味しいもののはなしを書かせたらこのひと……という書き手があります。

「高山美年子」は、そのひとりです。

 食べものと自分とのあいだに、距離をとることも大切な条件だといえるでしょう。それからものがたり。

 ものがたりを盛りこむのです。

 文章の味つけ、と云ってもよいかと思います。

 

 ものがたりというのは、どんなものを書く場合にも、必要な要素です。エッセイ・随筆にも、それは必要です。

 つくり話を加えようという提案ではありません。

 他者にものがたりを読み聞かせるつもりで書く、という意味です。

 

 さてそれでは、どうすればものがたりが紡げるでしょう。

 書き手がものがたりを生きる自覚を持つことだろうと、わたしは思うのです。

「高山美年子」の「サバの味噌煮」が美味しそうで、こころときめかされるのは、作者とサバとのあいだにものがたりが築かれているからにほかなりません。

 

 ものがたりを生きなけりゃ、ものはつくれません。

 ものがたりを生きなけりゃ、文章は書けません。   


花種のこぼれる路地や立ち話  木下富美子 (キノシタ・フミコ)

 

 スミレのこぼれ種がお向かいの門柱あたりから飛んできたらしく、15cmぐらいの円になって咲いている。可愛いったらありゃしない。道の端の、すぐ誰かに踏まれそうなぎりぎりのところ、コンクリートの小さな隙間から伸びているぐわぁーっと。こんなきわどいところに生えてこなくてもよさそうなものなのに。

 むかし、漫画家の横山隆一が鎌倉の自宅から駅に行くまでの道すがら、種まきをしていると書いていた。自分の庭で取れた花の種をひとつかみもって駅まで歩く間によその庭に花咲か爺さんよろしく種を投げ入れるのだという。春になったらどんな花が咲くだろう。庭の主の驚いた顔を想像するとおかしいという話だった。

 種をまくといえば、スミレの種はこぼれるのではなくアリが運ぶと聞いて驚いた。そういえば右隣の家の駐車場出口の5ミリぐらいのコンクリートの隙間にもスミレが咲いている。車が出入りするちょうど真ん中の危ないところだ。なんだってまたよりによってそんなところにという場所だが、アリが仲立ちする、というならわかる。 

 

「俳句の種をまく」と夏井いつき先生がよく言う。そして、夏井先生は車いすでも、どこへも出かけなくても家で俳句は作れますと力強い。台所俳句で私の好きな投句がある。

 

 そうめんの一筋逃げる排水口

 

私の初めて作った句が、これ。

 

 春の空レンゲタンポポヒメジョオン

 

 おじいさん先生に「木下さん並べただけじゃダメですよ。しかも全部季語です」と言われた。季語が4つ並んでも何の疑問も持たないほど単純だった。職場の先輩に退職してから趣味を探しても遅いから何か始めた方がいいよと言われた。ちょうどその時、市の広報で「俳句やりませんか」の案内を見たのがきっかけだ。その種を育てている。先週作った句。

 

 扇風機ふたつこわれて西日さす

 

 ところがこれも季語が2つだった。いまだにこんな具合だけど日常のこぼれ話を拾う。俳句にひねる。私のこぼれた種は今子どもたちに育てられている。

 

「あいたたたプロレスの技夏の夜」小6

 

 こぼれだねって、計画性がないのが面白み。ちょっとクスッとする。

 風が吹く。

 

 2023年10月3日

 

*****

〈山本ふみこからひとこと〉

「木下富美子」の随筆のタイトルは、いつも俳句です。

 うらやましいなあ、俳句のタイトル。と、いつも思っています。

 

 そうしてこの作品には俳句がいっぱい。

「俳句はおもしろいですよ、やってみませんか」

 とときどき誘われることがありますが、そのたび「ははは、そうですね」などと笑ってごまかします。しかし、ここでこんなふうに俳句を並べて見せられると、ちょっとひねってみたくなります。

 

 エッセイ・随筆の肩をもって、書いておきましょう。

 エッセイ・随筆のおもしろさは、日常のある部分を探しあててとり上げるところから、はじまっている……。このとき、書き手は物語のつくり手になっています。

 自身に向かって、読み手に向かって、語りかけるおもしろさと云ったら!

 

 そうそう、木下富美子さんは小学校の教員です。

 ご苦労にはちがいないけれど、それもうらやましいな。  


100字エッセイ祭り

 

 会員の皆さんの「100字エッセイ」傑作選です。

 通常の作品発表は、作家に前もってお知らせし、文字データをいただいて準備しますが、「100字エッセイ」はお断りせずここに発表します。どうぞおたのしみに。

「100字エッセイ」は書き手をいろいろな意味で鍛え、脳もこころもやわらかくしてくれます。どうかそれを信じてとり組んでくださいまし。 山本ふみこ 

 

*****

雨宮和世(アメミヤ・カズヨ)

 

9月。書店に2024年の暦が並んでいる。年々はやく並びだすようだ。リビング。トイレ。寝室。それぞれどれがよいかと選ぼうとして、ふとカレンダーから手をはなす。せめて来月購入しよう。早く歳をとる気がする。(100字)

 

 

*****

桜本和美(サクラモト・カズミ)

 

山手線の向かいの席にインド系の美しいお母さんと、顔がよく似ていて、年も同じくらいの3人の男の子が座っている。三つ子かな。次に座った白人のイケメン2人。色違いのバッグに、見つめ合う感じ。カップルかな。(99字)

 

 

*****

かたばみ くれば

 

日中、銀座から日本橋、上野から御徒町へと交通手段を混ぜながら、目一杯歩く。そして帰宅。買い忘れに気づき、また出直す。夜の横断歩道でウーンと伸びをする。こんな日もあるよね。この日の歩数、23382歩。(99字)

 

 

*****

みつお のぶこ

 

カーン、コロコロコロ。隣家の椚の実がキッチンの窓に当たる。この家に暮らして30年。今年はやけにその音が気になる。子や孫が別世帯となり、ひとりの時間が増えたからだろうか。そういえば、ひとりごとも増えた。(100字)

 

 

*****

スズキ ジュンコ

 

ジュンコさん、漢字はどう書きますか? 若い時は「不純」のジュン。次は「小泉純一郎」のジュン。今は「単純」のジュンと答えるが、ピンとこない人が少なくない。「純文学」のジュンはどうだ! わっ、よう言わん。(100字)

 

 

*****

かよ

 

時計を見ると14:26との表示。まっすぐな道、車を運転中。11月半ばのこの時間、日差しはもう夕方に向かっている。取り立てて言うほどのことはなにもない、1人きりの時間。そうだ、1人きりってこういう感じ。(100字)

 

 

*****

原田陽一(ハラダ・ヨウイチ)

 

夕方、自宅の出口でお隣に尋ねられる。

「おでかけですか?」

「ちょっと会社へ」

「忘年会でしょ!」

「ばれちゃいましたか」

「顔に書いてありますよ」

今月、10回も忘年会があり、顔がゆるみっぱなしのようだ。(97字)


  爪   いしいしげこ(イシイ・シゲコ)

 
 2023年の天候は、これまで体験したことのない、夏の暑さの連続でした。

 世界中でいろいろと天災が続き、心痛めて居りますが、本当は人災だと私は思っています。

「暑」の字を書くのもイヤ! でも口からは知らぬ間に出ている言葉は「暑い暑い」でした。

 6月の末に夫の十七回忌を済ませました。

 家族だけでひっそりと「般若心経」を読み上げました。ふと気がつくと、この暑さの中で白い蝶が舞っていました。

 きっと夫です。

 

 草をむしりながら首筋にジリジリと陽射しがくい込むようでした。夏草はとても元気、軍手をしてチカライッパイ引き抜く。なかなか根が深いから、頑張る。

「痛っ!」

 何日か前、少し深爪したところに当たってしまったのです。

 ……そういえば、と、あの頃夫の入浴後によく爪を切ってあげていたことを思い出していました。老眼鏡の私は、夫の足の爪を一度深爪にしたのです。今、自分で自分の爪を深爪にして、その痛さを知りました。わずかな時間の中で私の心の中は、その時の夫の顔や声がプレイバック、今のいま、一緒に居るんだと実感しています。

 あの頃「お墓の前で泣かないでください」という歌が流行っていて、姿は見えないけれどいつも風に乗って、私の側に居てくれていると思うようにしていました。風になって、疲れた足元を励ましてくれていると信じ、山旅を一緒に楽しみました。

 

 やっぱり自然は大好き。

 地球という素晴らしい住処。人間が知恵を働かせ、工夫して、調和して、生きられるようにしてきたというのに、いつの頃からか道をまちがえた気がするのです。どこかの分岐で道を……。

 連日蒸し暑く33度越えは当たり前のようい続く日々、逃げ出すことはできません。反省の、毎日。

 かつてTVで流れた「反省なら猿でも出来る」という猿まわしの画像がふと浮かんできます。当時は笑って観ていましたが……。この頃よく耳にする絶滅危惧種という言葉が気になってなりません。

 

 犬や猫は、人間(ひと)の言葉を理解する、すぐれたなにかを持っていると私は思うのです。この動物たちも自然の中で生きられたらなんて……。勝手に思ってしまいました。

 山で、小さな花が岩にしがみつくように咲いているのをみつけると、頑張れ!と心の中でエールを送るのです。

 

*****

〈山本ふみこからひとこと〉

 2024年さいしょの作品として、ふさわしいなあ、と思いました。

「爪」

 じっくり味わってくださいまし。

 学ぶことがたくさんこめられています。

 

 2024年は、書く年になるだろうな、と感じています。

「ふみ虫舎エッセイ講座」会員の皆さんも、そうでないあなたさまも、わたしも、書いて自らを支える、書いて他者を慈しむ2024年を織ってゆきましょう。

 

 山本ふみこ